大人のいじめ対処術

いじめが多い職場には女性が多い?

いじめの対処法を学ぼう!

いじめの対処法を学ぼう!職場のいじめに悩む女性のための対処法を紹介するサイトです。転職をせずに解決できればそれに越したことはありませんが、すっぱりと環境を変えた方が良い場合もあります。当サイトへのお問い合わせにつきましては、コチラよりお願い致します。

女性が多い職場はいじめが多い?

女性が多い職場はいじめが多い?
LINEで送る
Pocket

女性が多い職場で起こる「いじめ」

女性が多い職場で起こる「いじめ」

女性が多い職場では、独特の人間関係による問題が起こります。男性と女性のバランスが取れている職場では、男性の上司を中心にして人間関係が整理されています。しかし女性が多い職場では、ベテラン女性社員やトラブルメーカー的な女性が大きな力を持っているケースがあります。集団になった女性の世界には、少数の男性が意見できないことも珍しくありません。このような独特の職場では、人間関係が複雑化しピリピリします。嫌われているかもしれないと疑心暗鬼になりながら仕事をしている女性も少なくありません。挨拶をしても無視をされてしまったり、自分の仕事量が異常に多く分配されたり、何をしても怒られる人もいます。これは「いじめ」と呼んでもおかしくない状況です。すべての女性がいじめに加担することはありませんが、閉鎖的な職場ほどいじめが起こりやすい環境になります。

看護師の世界のいじめ

看護師の世界のいじめ

看護師の働く病院も女性が多い閉鎖された特殊な職場環境です。例に漏れず看護師同士のいじめのような嫌がらせは横行しています。まず新人に対するいじめがあります。仕事ができない立場の弱い新人に対して、ベテランの看護師が激しく叱責したり、必要以上に厳しい指導をすることがあります。他部署から異動になった看護師もいじめの標的になりやすい状況です。仕事ができなければ新人同様に叱責を受けますが、仕事ができすぎても嫉妬からいじめを受けることがあります。誰かのミスの責任を押し付けられて、キャリアに傷をつけられるような悪質ないじめも多いようです。また悪意があるベテラン看護師を中心とした集団的ないじめも横行していて、看護師全員がひとりの看護師を無視をしたり、したくない仕事を押し付けたりします。相談する相手がいないため職場で孤立して追いつめられる看護師も少なくないようです。

医療事務の世界のいじめ

医療事務の世界のいじめ

病院で働く女性は看護師だけではなく、医療事務の女性もそうです。女性が多い閉鎖された職場であることは変わりなく、看護師と同様にいじめ問題が起こります。さらに大きな病院では、看護師から目を付けられた医療事務の女性がいじめを受けることもあります。一部の医療事務員は格下のような扱いをされ、対等に話をしてくれない看護師もいるようです。小さな病院では院長夫人が院長と仲良くしている医療事務員に対して嫌がらせをするケースがあります。院長の浮気を未然に防ぐために何人かの医療事務員を手駒にして監視をしているケースがあるからです。また看護師と同様に、医療事務の新人がいじめの標的になることもあります。女性が多い職場では、仕事上、恋愛関係上、嫉妬心が湧きやすく、このような嫌がらせやいじめが起こってしまうのです。

職場のいじめで悩むあなたに