大人のいじめ対処術

なぜ?職場でいじめが起こる理由

いじめの対処法を学ぼう!

いじめの対処法を学ぼう!職場のいじめに悩む女性のための対処法を紹介するサイトです。転職をせずに解決できればそれに越したことはありませんが、すっぱりと環境を変えた方が良い場合もあります。当サイトへのお問い合わせにつきましては、コチラよりお願い致します。

そもそもなぜ「いじめる」のか?

そもそもなぜ「いじめる」のか?
LINEで送る
Pocket

とにかく気に入らないから

とにかく気に入らないから

人が誰かをいじめる時に、どのような精神状態なのかを解き明かします。ハッキリした理由があることはほとんどなく、いじめられる側はもちろん、いじめる側も「なんとなく」ということが多いようです。「とにかく気に入らない」といういじめる側の主観的な精神状態が引き起こす理不尽ないじめもあります。いじめの標的になる女性の服装や持ち物、ファンションセンス、さらには価値観そのものが気に入らないと感じてイライラする人もいます。いじめられる側からすれば、気に入らないなら放置してくれればよいと思うでしょう。しかし執拗に執着し、攻撃してくることも少なくありません。気に入らないけれど放置することもできない異常な精神状態と言えるでしょう。

負けを認めたくないから

負けを認めたくないから

自分に持っていないものを持っている女性に対して、張り合いたくなる「負けず嫌いの女性」がいます。容姿が綺麗な女性に張り合って、気合を入れてメイクをしてみたり、服装にお金を掛けたりしますが、それでも敵わない場合に屈折した感情を抱いてしまいます。職場での力関係が上の場合は、嫌がらせを始めます。それが発展していじめになることもあります。仕事のスキルで敵わない相手に対しては、悪評を流すなどして、ライバルの評価を下げるような行動をとってきます。容姿に限らず、学歴や家柄、経済事情や配偶者の職業など、全てに対して張り合ってくる子どもじみた精神の迷惑な存在です。

ストレスを解消するために

ストレスを解消するために

負の連鎖という言葉があります。家庭で暴力を受けて育った人が、自分の子どもにも暴力を振るってしまうような状況です。職場でも同様のことが起こります。職場でいじめを受けていた女性が、さらに弱い立場の女性をみつけて、かばうのではなく嫌がらせをすることは珍しくありません。家庭が上手くいっていない女性が職場の立場が弱い人をいじめるケースもあります。トラウマやコンプレックスを持っている女性に多いタイプで、誰かとトラブルを起こしてストレスを解消しようとします。

ストーカータイプのいじめ

ストーカータイプのいじめ

相手に好かれたくて行動しているうちに、行動が過剰になり過ぎてしまい相手に不快感を与えてしまう人がいます。自分が好きな相手に受け入れられないことにいら立ち、嫌がらせに走ったり、相手をいじめてしまう人もいます。小学生時代の子どものような行動ですが、大人になってもこのような行動を取ってしまう人が少なからずいます。あまりに行動が過剰になると、ストーカーのような存在になります。好かれたい相手を傷つけてしまうような行動を取るのは、大人になっても他者とコミュニケーションをきちんと取れない本人の問題です。目を付けられた人にとっては迷惑でしかありません。

職場のいじめで悩むあなたに