大人のいじめ対処術

職場でいじめられる原因は?

いじめの対処法を学ぼう!

いじめの対処法を学ぼう!職場のいじめに悩む女性のための対処法を紹介するサイトです。転職をせずに解決できればそれに越したことはありませんが、すっぱりと環境を変えた方が良い場合もあります。当サイトへのお問い合わせにつきましては、コチラよりお願い致します。

原因はいじめられる人にもある?

原因はいじめられる人にもある?
LINEで送る
Pocket

ミスをしても謝らない人

ミスをしても謝らない人

いじめる人にも共通の特徴がありますが、いじめられる人にも共通の特徴があります。まず仕事での態度で、嫌がらせを受ける結果につながることがあります。特に仕事でミスをした時に謝らない人は、周囲の人から嫌われます。日本人は潔く謝れない人を極端に嫌う傾向があります。芸能界でも、謝罪会見の仕方次第で許されたり許されなかったりするほどです。謝っても許してもらえない人がいるくらいですから、謝らない人は間違いなく周囲の人の気分をいら立たせてしまうでしょう。謝り方がふてくされていたり、本当は悪いと思っていないことが相手に伝わってしまった時も同様です。

仕事ができない人やできすぎる人

仕事ができない人やできすぎる人

仕事ができない人もいじめられます。チームで仕事をする職場では、ひとりの人が仕事をできずに足を引っ張ると、周囲の人の利益も減ってしまいます。そのためチーム全体から嫌がらせを受けることもあります。逆に、仕事ができすぎる場合もチームのスタッフから嫉妬されてしまうため、いじめを受ける可能性があります。特に競争を煽るような成果主義を打ち出している職場では、少し仕事ができない、またはできすぎてしまうだけでも嫌がらせを受けることがよくあります。

自己主張が強い

自己主張が強い

自己主張が強い人は嫌われて、次第にいじめの対象になっていくことがあります。自己主張が強いことは悪いことではありませんが、集団の意思とは違う場合はわがままと捉えられることがあります。逆に自己主張がない人もいじめの対象になります。何をしても怒らないようなおとなしいタイプの人は、周囲の人になめられやすくいじめやすいため、ストレス解消のはけ口になってしまうことがあるからです。空気を読みすぎて、他人の顔色を伺い過ぎる人も嫌われてしまい、いじめの対象になります。空気を読まな過ぎても、自分勝手なイメージを持たれて嫌われやすくなります。

平均から外れている

平均から外れている

ミスをした時に謝らない人が嫌われるのは当然ですが、仕事ができない、仕事ができすぎる、あるいは自己主張が強い、自己主張がないことでいじめられるのは納得できないかもしれません。結局は「程度の問題」になります。日本人の一般的な感覚から大きく外れてしまうと、全ての要因でいじめの対象になる可能性があります。ある程度空気を読み、言うべき時は自己主張をする、仕事は目立たない程度にしっかり行うなど、日本人の平均的な人物像に近いイメージでいないと、いつでもいじめの対象になりかねないということでしょう。このような社会の風潮が良いとは言えませんが、現実的にはこのようになっていることを知っておきましょう。

職場のいじめで悩むあなたに