大人のいじめ対処術

職場いじめの対処法「女性特有の同僚いじめ」

いじめの対処法を学ぼう!

いじめの対処法を学ぼう!職場のいじめに悩む女性のための対処法を紹介するサイトです。転職をせずに解決できればそれに越したことはありませんが、すっぱりと環境を変えた方が良い場合もあります。当サイトへのお問い合わせにつきましては、コチラよりお願い致します。

女性特有の同僚いじめ対処術

女性特有の同僚いじめ対処術
LINEで送る
Pocket

女性だらけの職場に多い「悪意のある同僚」

女性だらけの職場に多い「悪意のある同僚」

女性が多い職場では、男性社員とのバランスが良い職場よりも人間関係が複雑で問題が起こりやすい傾向があります。仕事の内容そのものには悩みはなくても、人間関係の悩み、ハラスメントの悩み、いじめの悩みは尽きません。実際に30代、40代の女性の悩みのほとんどは職場の人間関係の悩みです。特に上司からのハラスメントだけでなく、同僚からのハラスメントやいじめが悩みなっている人が多いという特徴があります。女性が多い職場で働くためには、悪意のある同僚がいることを前提にしておく必要があります。対処法を知り同僚の悪意を受け流す術を知りましょう。

相手を変態だと思う

相手を変態だと思う

同僚をいじめる人は職場に一定数いると考えましょう。職場の同僚をいじめる人には心理学的な特徴があるようです。同僚をいたぶったり、怒鳴ったり、責めたりする行為に快感を覚える、アブノーマルな趣味を持っているという点です。同僚をいじめて、さらにいじめに苦しんでいる同僚の姿を見るのが楽しいという「変態趣味」を持つ人がいます。そこで同僚いじめをする人から攻撃を受けた時は「変態だ」、「変態が話しかけてきた」と思うようにしましょう。「同僚からの攻撃」でなく「変態の趣味」と思えば冷静に対処できるようになります。心理的な距離を作り、感情的にならないことが大切です。

リアクションを取らない

リアクションを取らない

同僚いじめをする女性は、いじめをする行為も好きですが、いじめられた同僚が苦しむ姿を見るのも好きです。攻撃をされた時に、おろおろしてしまったり、ハッキリと動揺したと分かるリアクションをすると相手を喜ばせてしまうことになります。動揺する姿を見るのが楽しいので、ますます攻撃をしてくるようになるでしょう。そこで、同僚いじめをする女性から何を言われても、嫌がらせを受けても、大きなリアクションを取るのはやめましょう。何をされても反応が薄い、リアクションが小さな人は、同僚いじめをする女性にとって攻撃し甲斐がない人になるからです。

反撃よりも回復を優先

反撃よりも回復を優先

同僚からのいじめを受けた時に、問題を解決するために動き回りたくなるかもしれません。しかし同僚いじめをする女性は、上司の心をつかむのが上手で、職場内で優位な位置を築くのが得意という、やっかいな特徴があります。そのため仮に上司や同僚に相談をしても、良い解決策は示されないかもしれません。そこで同僚に反撃をすることを考えるよりも自己回復を優先するようにしましょう。同僚からの攻撃を受け流すため、心と体を回復するようにします。仕事が終わったら、大好きな料理を食べたり、趣味を楽しむ、さらに睡眠をしっかりとることを大切にしましょう。仕事以外の人間関係を楽しむのも良いでしょう。自分の心のエネルギーが枯渇してしまってはどうにもなりません。問題のある職場とは心理的な距離を取りましょう。そして元気なうちに転職活動をするなど、現実的な対処法を取りましょう。

職場のいじめで悩むあなたに